チラコイドはマジでスゴイ!Σ(゚Д゚)

新世代のダイエット成分の力について分かりやすく解説します。

こんなの楽して痩せられるなら飲まなきゃ損でしょ!ってくらいすごい成分でした!

この記事はダイエット成分としてのチラコイドについて分かりやすく解説しています。

科学的な物質としてのチラコイドについて知りたい方はこの記事の下で触れています。

目次から記事の下方へ移動してください。

成分と同名のサプリメントとしてのチラコイドについて知りたい方はサイトトップをご覧ください。

チラコイドとは?どんな成分?~3行でまとめると!

どんな成分かを分かりやすく簡潔に3行でまとめちゃうと、

  • スウェーデンで10年かけて研究された新世代のダイエット成分!
  • ほうれん草から作られた100%天然素材成分!
  • 食後に甘いものが食べたくなる欲求を抑える食欲抑制成分!

ということ。

健康先進国、北欧のスウェーデンで10年間研究されたダイエット成分ってだけでなんか痩せそうですよね。

日本ではあまり知られていないけどスウェーデンはヨーロッパの中でも有数の科学立国

日本ではスウェーデンといえばIKEAやH&Mが有名ですけど、自動車・航空機メーカーのSAAB(サーブ)ボルボ、通信会社のエリクソン、歯科業界では当たり前になったインプラント技術など高い技術力を持った国なんです。

しかも、ヨーロッパは日本以上にオーガニック成分に対する消費者の目が厳しい地域です。

ヨーロッパならどこにいってもオーガニック食材を取扱っているスーバーがあるのが当たり前ですから、食に対しての安全に対してはすごくうるさい。

そのヨーロッパの1国であるスウェーデンで作られたダイエット成分の原料が日本人の食卓でも馴染みがある「ほうれん草」ってだけでも1度使ってみたくなります。

この新しい成分が私たち日本人にどういった作用をもたらしてくれる成分であるのか分かりやすく解説していきます。

どこで誰が作った成分なの?

北欧スウェーデンの南部にあるルンド市にあるルンド大学に教鞭を摂るシャーロット博士が10年以上研究を重ねて作った成分です。

ルンド市は首都であるストックホルムよりもお隣の国デンマークに近い街で、ソニーモバイルコミュニケーションズの本店もある日本人に馴染みが深い街でもあるんです。

ほうれん草にある葉緑体の膜を壊すことで取り出しているんだそうです。

葉緑体と細胞を分ける膜を取り除く技術を確立したのがシャーロット博士というわけです。

食欲抑制成分を発見したシャーロット博士とはどんな人?

この画期的な食欲抑制成分を発見したシャーロット博士がどんな人か一言でいえば、優しそうな女性です。

シャーロット博士
シャーロット博士

ルンド大学で30年間食欲の抑制とエネルギーに関する医療について研究されている優秀な解剖生理学者。

現在の噛まなくてよい食事は満腹感を感じにくくなっているため、消化を遅らせることで満腹感を得る方法を思いついたそうです。

博士曰く、

「食物を消化するために必要な時間を利用することです。消化器系には何も問題はありませ んが、現代の『噛まなくてもいい』食物ではよく機能しません。チラコイドは消化の時間を延ば し、満腹感を生んで、快楽の飢餓感を減らします。つまり、スナックや、スイーツやポテトチップスなどの不必要な食品を食べないで、健康的な食生活を守ることができます。」

詳細を知りたい方はルンド大学のシャーロット博士のページにある動画をご覧ください。

どんな作用がある成分なの?痩せるメカニズムは?

食後1~2時間以内にまた甘いものが食べたくなる食事に対する抑えられない過剰な欲求を抑える作用を持つ成分であることが分かっています。

そのメカニズムは脂肪と炭水化物の両方の分解と吸収を遅らせるというもの。

脂肪と炭水化物がゆっくりと消化されるので胃腸は満足ホルモンの分泌を促し、脳が「もうお腹いっぱい!食べられない」と錯覚するそうです。

しかも、摂取した食べ物は最終的には吸収されるので栄養失調になることもなく、食べ物の過剰摂取を抑えられるのです。

シャーロット博士の実験では初めて飲んだ時でも85%、3ヶ月続けた時は95%も食欲を抑制できたという結果が出ているそうです!

また、この成分を摂取している人のグループと摂取していない人のグループではダイエットの結果が40%~50%は違ったそうですよ。

これはこの成分を摂取していない人が1ヶ月で3㎏痩せたとするなら摂取した人は同じダイエットでも6kg痩せられるということです。

実際にはその人の環境や体質によって痩せられる範囲は違うと思いますが、飲まない人よりも痩せられるなら飲んだ方が良いですよね。

ほうれん草を食べるだけじゃダメ?成分を上手く摂取できない理由は?

納豆がダイエットに良いとテレビで放送された翌日、スーバーから納豆がなくなったことがあります。

同じようにチラコイドがほうれん草から作られていると聞くと、すぐにほうれん草を買いに行こうとする人がいます。

でも、ほうれん草では必要な量を摂取できないのでやめた方が良いでしょう。

(ほうれん草自体は身体に良いので買いに行くのは止めませんが、ダイエットを目的とするならあまり意味がありません。)

というのもこの食欲抑制成分はほうれん草に葉緑体を特殊な製法で破壊することで抽出する成分だからです。

普通にほうれん草を食べても葉緑体は消化されずに排出されるそうですから有効成分を摂取することはできません。

それぐらい特殊なものでないと誰も研究なんかしないわけですよね。

でもその分効果はありそうじゃないですか?( ´∀` )

新世代のダイエット成分を上手く活用する方法は?

チラコイドの成分が配合されたサプリメントを牛乳やスープに混ぜることでその用途は広がります。

シャーロット博士曰く、一番いいのは朝食前のタイミングで摂取することだそうです。

朝、摂取することで効果は1日持続して、その日一日の食欲を抑えてくれます。

動画は飲むタイミングについて話している2分28秒の時点から始まります。

チラコイドは科学的にどんな成分か?

科学的にどんな成分であるか構造や性質などについて詳しい説明があるWikipediaによると、

チラコイド(Thylakoid)は、葉緑体やシアノバクテリア中で膜に結合した区画である。光合成の光化学反応が起こる場所である。チラコイドという言葉は、「嚢」を表すギリシャ語の θύλακος (thylakos)に由来する。チラコイドは、ルーメンの周りを取り巻くチラコイド膜から構成される。緑色植物の葉緑体のチラコイドは円盤状で、積み重なってグラナと呼ばれる構造をなしている。グラナはストロマとつながり、単一機能を持つ構造を作っている。

つまり葉緑体を持つ植物であればほうれん草でなくても採取することが可能であるということになります。

ただ、ほうれん草が1番採取がしやすく、安価に手に入るということで原料として使われているということです。

他に構造や科学的にどんな物質であるかさらに詳しく知りたい方はWikipediaをご覧ください。

チラコイドとはどんな成分なのか?まとめ

どんな成分であったかをまとめると、

食事制限中の暴飲暴食を防いでくれる魔法の成分だということが分かりました!

食べちゃいけないのに食べたくなる、ダイエット中のイライラ感ともこれでおさらばですね!(* ̄▽ ̄)♪

チラコイドで簡単ダイエットを楽しんでください♪