韓国ドラマの内容お届け

私が見て良かった韓国ドラマのタイトルは「トップマネジメント」なのです。内容は学校でカン理事はみんなが関心があるのはどうやって芸能事務所と契約して人気アイドルになるかなのです。学校の生徒たちが「はい」と答えるのです。この中でアイドルになれそうな人は誰と聞かれて分からないと素直に言うのです。占い師じゃないのです。会社が求める人物像はあるけど絶対ではないのです。デビューしても成功するとは限らないのです。曲が1位になればゴールと聞かれてその時が一番危ういと熱意を込めて説明するのです。一度の過ちや誤解で他のグループに地位を奪われるのです。一人の男子生徒が理事に人気者と言ったら理事は男子生徒にそのとおりと答えるのです。カン理事は生徒たちに人を妬むのは癖なのです。若い頃から人の才能を羨んで妬む人は大人になっても変わらないのです。いつも人を羨んで妬む人は行動が基準なのです。アイドルは自分を信じて輝くのです。そのためには自分に胸を張ることが大事なのです。私の考えるアイドルとしての成功の方法は自らを誇れる人になることなのです。カン理事はイリプに出席日数を気を付けてと心配するのです。スルギは理事に走って動画を撮った人たちを校長先生に言うと聞いたのです。カン理事はそれは学級委員が決めてと話すのです。つらかったのはイリプとあなただからなのです。イリプが理事に彼女のほうがつらいとかばうのです。スルギは理事に実は昨日謝罪を受けて動画を削除させたと言うのです。彼らも内心おびえてたようなのでもうやらないから心配は要らないと伝えるのです。カン理事は学級委員に甘やかすと繰り返すかもしれないと問いかけるのです。今度は別の子やるかもしれないと言い返すのです。学校でスルギは理事にうわさになったら彼らも学校に通えなくなると考えるのです。理事の警告が私への証拠になるのです。カン理事は学級委員に謝罪の証拠を聞いたのです。スルギは理事にメールを保存したと言ったらカン理事は学級委員に不十分と答えるのです。謝罪文をもらって担任に見せるようアドバイスするのです。スルギは理事の言葉をメモしたのです。スルギは理事にいつかスターライトに入ると言ったらカン理事はスルギにアイドルと聞いたらスルギ本人がマネージャーになりたいと言い出すのです。カン理事はスルギがアイドルじゃなくてマネージャー志望に驚くのです。スルギは理事にすてきなマネージャーがいると彼から聞いたのです。カン理事はイリプにユマネージャーと気づいたのです。私を差し置いてマネージャーの宣伝をしたと考えるのです。イリプは困って理事はもっとすてきとおだてるのです。カン理事はスルギに卒業したら会いに来てと自分の名刺を渡すのです。会社でウンソンは理事から電話でイリプのことは解決したとホッとするのです。ウンソンは心の中で私が関わらないで解決したと考えるのです。ペテン師の言うことが意外と当たってると信じるのです。